忍者ブログ
全日本GP-MONO#7坪川浩明選手応援ブログ
[988]  [987]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは
ライダーです。

レースって
本当に
普通の人生で味わう事がないほどの嬉しさや
悲しさ、辛さ、悔しさがありますね

だからこそ、観客の皆様を含め
ヘルパーの心を魅了し
感動するのだと思います。

さらに、数あるスポーツの中でも
オートバイレースの世界は
危険と隣り合わせと言う事もあり
極限の状態だと思います

だからきっと、こんなにも盛り上がっているのだと思います。

残念なのですが
僕の今の心の状態は当然、「悔しい」です。

結果は以前の日記に書いたように
転倒によるリタイヤとなってしまいました。

皆様が一番心配してくださる怪我の状況ですが
左ひじの打撲による内出血により
稼動範囲が狭くなっていますが
放置していれば直ると思います

右ひざの打撲は
当日は痛かったのですが
今はほぼ痛みがありません。

左ひざの打撲は
すじを痛めたようで
ひざから、足首までのすじに痛みが残り
ちょっと歩くのが困難なくらいです。
あとはあちこちに青あざがあるくらいで
骨折もなく
まったくもって軽症です。
今にでも走行できる程度ですので
安心してください。

強いて言えば
心を複雑骨折したくらい・・・

さて、怪我の話はここらへんで終わりにして

決勝を振り返ります

スタートは、いつもどおり、ばっちり決まり
3位の谷川さんは抜けましたが
さすがに小室さんとケンタ君は抜けず
後ろにぴったりとつけました。

タイヤが温まっていないので
序盤はゆっくりの走行になっていましたが
小室さんとケンタ君にぴったりくっつき
このままペースが上がってもらえることを期待していました

なんせ、この2名の神様は
37秒で走行できるお二人です。
さすがに、何周かだけでもくっついていくので精一杯だろうと予想していました。

ただ、この何周かだけでもくっついていければ
後ろを引き離す事ができると思っていたので
僕の念願の表彰台を狙えると思っていました。

後ろには、これまた神様の星野さん
伊藤さん、谷川さんがいますから
絡むと非常に苦労するので
なんとしても序盤に逃げ切りたいと思っていました。

特に予選3番手の谷川さんは
とても上手なライダーですので
競ってしまうと負けると思っていましたので
なんとかして谷川さんを序盤で離しておきたいと思っていました。

前半からぴったり付いていこうと考えて
3位をキープして、何かチャンスがあれば
もっと上位に行きたい!って思っていたのですが

予想よりはるかにペースが遅かったです。
おそらく40秒台後半。
これだと、後ろの怖い神様達に
追いつかれてしまいます。

予想通り、1位と2位にくっついていたら
2周目に谷川さんに抜かれてしまいました。。。

これはまずい!と
谷川さんを抜き返し
小室さんとケンタ君の横に並べば
少しはタイムを上げてくれるかなと期待して
小室さんの横に並んだりしてました。
そして、2周目の後半セクションに差し掛かりましたが
やはり、なんだかゆっくり走行しています。

これはまた谷川さんに抜かれてしまい
負けてしまう!
と不安になり
110Rでケンタ君を抜こうと考えました。

きっと一度抜けば、ケンタ君も
抜群の速さで行ってくれると期待して・・・

そして、シケインの進入でケンタ君をパスし
ライン修正をしようとすると・・・

リヤタイヤが滑り出しました。

でも、タイヤが滑るのなんて
日常茶飯事ですし
簡単に押さえられると思っていたのですが。
ちょうど坂が、上りからフラットになったところという事もあり
思ったより大きくスライド。。。
そして、やばいと思った瞬間には
頭がスクリーンを割って
前に飛んでいってしました。

後から谷川さんに聞いたら
バイクはジャックナイフ状態で立ち上がった状態になり
僕はバイクの前に落ちて自分のバイクにひかれていたようです。。。

そして、地面にたたきつけられ
すぐに後続が来ていたので
逃げるために、さっと立ち上がり
マシンを探すと
はるかかなたにマシンがある。。。

どうやら、僕を振り落として
バイクだけまっすぐ進んで行ったようです。

オフィシャルの人も逃げろと言い
マシンはもうコース外の奥の方まで運ばれています。

ちょっと頭を打って
ふらふらしていたし
マシンもきっと大破したのだろうと思って
あきらめました。

ケンタ君や谷川さんは、かなり近くを走行していたと思うので
巻き込まなくて、本当によかったと思います。
でも、びっくりさせてしまったようで
本当にごめんなさい。

そして、医務室で治療してもらい
ピットに戻ると
みんなが暖かく迎えてくれました。

本当にすばらしいチームだと思いました。

誰一人として
順位がどうのこうのではなく
僕の体が無事である事を祈り
僕が無事に帰ってきただけで
心から喜んでくれました。

このチームにいて
みんながいてくれて
本当によかったと思いました

本当にいつもいつも
ありがとうございます。

今は、かなり悔しくて悔しくて
どうにもならない状態ですが。
多くの皆様の励ましにより
少しずつですが
復活してきています。

本当に皆様ありがとうございます。

下に写真を添付しますが
これは、僕が左ひじが曲がらないため付けていた
三角巾です。

うちのヘルパー含め
同じGP-MONOライダーや
他のクラスの全日本ライダーや
他のチームのヘルパーを含め
20名以上の方が
励ましの言葉を書いてくれました。
ありがとうございました。

僕の宝物にします。

次回は、この気持ちをバネにして
がんばりたいと思いますので
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

6d2d54e5.jpg










====================
クリックで応援、お願いいたします!
http://blog.with2.net/link.php?749878
===================
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
本当にいいペースで走っていたんですね!

それにしても三角巾に、温かい言葉の数々、
最高の収穫ですね!

体も心も”気合で”直してくださいね!!!

ミッキマウス 2010/08/31(Tue)19:11:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/15 サトウ]
[10/12 ツアコン]
[05/01 パイル酒井]
[04/16 ミッキーマウス]
[04/15 ごん]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]